耳・脳・体・心への音の処方箋。


by lbl2

イントロダクション2

e0254982_1925684.jpg
音はなぜそんなに強い影響力を持つのでしょうか。

音が物理的な力であることは意外に認識されていません。

宇宙の原初のビッグバン以来音はずっと宇宙に在り、空間を、物質をそして全ての生き物を通して共鳴しているのです。

つまりそれは振動であり、ピッチでありリズムです。

これらが惑星を創り、町を破壊し、グラスを粉々にし、また、全く異質な物を調和させる事が出来るのです。

それは熱が物理的に物質を変化させるのと同じように、人の体と神経、精神に直接に影響を与えるのです。
[PR]
# by lbl2 | 2011-11-03 19:29

イントロダクション

e0254982_17492761.jpgドン・キャンベルは本書のイントロダクションで、「ここで聴いて!」と題して次のように書いています。

「~たった今、手を止めて目を閉じてみて……。急に色々な音が聞こえてきませんか?どんな音の風景の中にいますか?」と問いかけてきます。

音はどこにでもあります。私達は有機栽培の野菜を選び、人の喫煙している煙を吸わないように気をつけ、健康に注意を払います。でも音についてはどうでしょう?口にする食べ物や飲み物、呼吸する空気ほどには注意を向けていないのではないでしょうか。

静かな郊外に住み、朝はヴィヴァルディのコンチェルトで目覚め、仕事にはさわやかなポップをBGM にし、夜は心地よいダイアナ・クラールのメロディーで眠りに就く・・・。こんな一つのパターンを皆さんにお仕着せするのではありません。本書の目的は、一人一人違う日常の音環境を理解し、様々な状況でどのような音が最も効果的に良い影響を与えているかを知り、同時にどんな音が気分や心身の健康に悪影響を及ぼすかを知る助けとなることなのです。ひとたびこれを理解し、音環境を改善すれば、日々の暮らしの中で自分や家族の注意、集中力や物事の受止め方が改善し、ストレスが減り感情も安定するでしょう。それによって家庭や職場、地域社会でのコュニケーションも上手く取れるようになるでしょう。
[PR]
# by lbl2 | 2011-10-29 17:51
e0254982_16373036.jpg 待望の "Healing At The Speed Of The Sound" が出版されました。本ブログではこの本に基づき私達の周りの音環境について考えます。
著者:ドン・キャンベル/アレックス・ドーマン 2人の音の第一人者による音楽の処方箋です。
http://www.healingatthespeedofsound.com/
[PR]
# by lbl2 | 2011-10-17 16:44